医者

癌になってしまっても|放射線治療があります

がん細胞が恐れる存在

医者

第4のがん治療とも呼ばれる免疫治療は、抗がん剤と違って副作用が少ない点が大きなメリットです。ただし治療効果は副作用ともある程度比例する面があります。NK細胞を使ってがん細胞を退治する方法は、免疫治療の中で最も強力です。NK細胞はサイトカインを放出するため、発熱の副作用もあります。

Read More..

変わりつつあるがん治療

医者

がんには原発部位によって多くの種類があり、それぞれ異なった性質を持っています。そのため特定の臓器や骨・脳などに転移しやすいのが特徴です。転移がんに対する積極的な治療を行っている病院も増えてきました。抗がん剤はもとより放射線治療でも転移がんの縮小に高成績を上げており、がんとの共存を可能にしています。

Read More..

最先端のがん治療

患者と先生

がんが全身のどこにあるのかを正確に見つけ出すのは困難ですが、NK細胞療法はあらゆるがんに対して有効な治療法なので再発や転移防止に役立ちます。自身の免疫細胞を使ったNK細胞療法は副作用の心配がなく、他のがん治療と合わせて行うことで相乗効果や副作用の軽減などの効果があるということで人気となっています。

Read More..

治療方法の現状と今後

保険が重要な理由

笑顔の先生

癌の治療と言えば、以前は手術によって切除する方法が一般的でしたが、放射線治療など新しい治療方法も開発されています。手術と聞くと、患者の体に負担を強いる大掛かりなものを想像する方が多いのですが、最近では内視鏡手術のような切開を行わない手術もあるため、患者の負担も軽減されており、入院日数も大幅に短縮されるようになりました。一方、放射線治療とは、癌細胞に放射線を照射することで消滅させる治療のことで、体の外部からでも照射できるために、内視鏡手術よりもさらに体への負担が軽減されており、副作用も少ない治療方法です。このように、癌の治療は年々進歩を続けていますが、一方で、放射線治療の一部では医療保険の対象外の治療方法がありますし、想像しているよりも治療が長引くことはよくあります。この場合、治療費は自己負担となり、大きな費用が必要となることもあるので、癌保険には入っておいたほうが安心と言えます。

化学療法の発展に期待

放射線治療と同様に、近年注目されているのが化学療法で、抗癌剤治療がこれに含まれます。抗癌剤は細胞を破壊したり、細胞の増殖を妨げることによって癌細胞を死滅させるため、健康な細胞も同時に破壊してしまい、その際に強い副作用を生じることが多いのですが、最近では副作用の少ない薬や、数種類の薬を組み合わせることによって軽減する方法も開発されており、年々進歩を続けています。特に注目されているのが、手術や放射線治療では対応が難しい白血病や悪性リンパ腫の治療で、化学治療が開発される前と比較すると、大幅に治療実績は改善されました。化学治療は他の治療方法と比較しても歴史が浅いため、今後さらに治療効果が高く、副作用が少ない治療方法が開発される可能性は高いと言えます。